【ドリブルのコツ】優れたドリブラーになるために意識すべき3つのこと

 

どうもこんにちは、ほぷきんす(@hopkinsbasket)です。

 

今回はバスケットボールで一番基本となるプレー、ドリブルについてです。

 

ドリブルはストリートボーラーが見せるようなムーブができれば

優れたハンドラーと思われるかもしれませんが、それは間違いです。

 

優れたボールハンドラーとは、ドリブルの技術そのものがうまいと言うことではなく、

 

試合で活きるドリブルができている

 

プレイヤーのことを言います。

 

手先の技術が器用であることと、

試合で使えるドリブルができることは全く違うことなので、

重要なポイントを常に意識して練習するようにしましょう。

 

下を見ずに前を見る(ヘッドアップ)

 

まずひとつ目は

 

常に顔を上げた状態でドリブルをすること

 

すなわち「ヘッドアップ」を維持することです。

 

 

「ボールをつくときに下を見てはいけない」

というのはドリブル練習をするときに一度は必ず言われたことがあると思いますが、

果たしてそれが実際にできているでしょうか。

 

バスケットをしている人なら

それくらい簡単だと思うかもしれませんが、

ボールを全く見ずに自由にボールを扱うということは

実際はとても難しいことです。

 

もし本当にできているかどうかを確かめるのであれば、

目をつむってドリブルをしてみてください。

 

ボールを全く見ずにドリブルをするというのはこれと同じ状態を言います。

 

目をつむりながら、不自由なくレッグスルーやビハインドザバックが

できているのであれば問題ありませんが、

ここでドリブルが難しく感じてしまうのであれば、

無意識にボールを目や意識で追っていることの証です。

 

その分だけコート全体を見る余裕がなくなっています。

 

また、ドライブ時や相手ディフェンスと対峙した瞬間というのは

どうしても視線が相手に向いたり下に落ちてしまいがちになります。

 

目線が低いとどうなるのかというと、

コートビジョンが狭くなるため、フリーの味方にも気がつきません。

 

また、相手ディフェンダーの重心のバランスや方向付けの向き、

さらにヘルプディフェンダーの存在にも気付きにくくなります。

結果的にシュートセレクションも悪くなるでしょう。

 

視線が下がってしまうと言うことはつまり、

バスケット全体の分析力が落ちると言うことなのです。

 

 

1on1は強くても試合になると思ったような力が発揮できない人がいますが、

一方で1on1はそれほどでなくても、試合では味方を活かしたり、

上手くすきをついて自分で攻めることのできる人もいます。

 

この違いはコートビジョンの違いにあります。

 

ヘッドアップができている選手というのは

目の前のディフェンダーに集中しておらず、コート全体を見ることができています。

 

あの田臥選手も

ボールを持っている時は

コート全体をぼんやりと見て、目の前のディフェンスは見ていない

 

と言っていました。

 

バスケットはチームスポーツであり、

目の前のディフェンダーをただ倒せば良いスポーツではありません。

 

コート全体を見てプレイをすることが大切であり、

そのためにも顔を上げた状態でドリブルができるようにトレーニングしましょう。

 

ヘッドアップを身につけるには

 

ボールを見ずにドリブルをする習慣を身に付けるには、

ドリブル練習時には常にリングを見るようにしましょう。

 

常にリングを見るようにすれば、コート全体も見えるようになります。

 

やはりバスケットボールの最終目標はリングですので、

すきあらば常に自分がそこにアタックするという姿勢を持つことにも繋がります。

 

あと、視線が上がることで、自然と背筋が伸び、綺麗な姿勢にもなります。

 

腰を落とす(ドライブ時)

 

次にドリブルで重要なのは、

しっかりと腰を落とし、低い姿勢を維持することです。

 

 

ドリブルをしている時の姿勢は、

おそらくあなたが普段持っている感覚よりも、

さらに一段腰を落とすようにしてみてください。

 

良いポイントガードはディフェンスも上手いというのを聞いたことがあるでしょうか。

 

なぜかというと、

ドリブルの姿勢というのはディフェンスの姿勢と同じものだからです。

 

すなわち、低い姿勢でドリブルを突ける人は

低い姿勢でディフェンスもできるため、両者はリンクするのです。

 

ディフェンスのポジションを維持することは

バスケをやっている人なら周知の通りきついものですが、

実はドリブル時にもそれと同じだけの負担が足腰にかかるべきなのです。

 

なぜ腰を落とすことが重要なのか?

 

ではなぜ腰を落とすことが大切かというと、

重心が低くなればなるほど、

一歩の速度が速くなり、当たりにも強くなるからです。

 

一度やってみると分かりますが、

腰を落とせば落とすほど下半身が安定することが実感できます。

 

安定すると言うことは、それだけ下半身の筋力を地面に伝えることができ

相手を押しのけられるということです。

 

ディフェンダーはしっかりと腰を落としてアタックに備えているわけですから、

オフェンスも同じようにぶつかっていかないと

相手に勝つことはできませんよね(相撲のイメージです)。

 

ちなみに、ドライブインの時に瞬時に体の重心を落とすことを「ダックイン」と言いますが

NBA選手でもドライブが速い選手を見ていると、

低い姿勢で相手の胸のさらに下に潜り込むように入っていきます。

 

動きとしてはデリック・ローズが参考になりますね。

 

ドリブルの時の姿勢は

ディフェンスの時の姿勢と同じくらいということを意識して(さらに低くても良い)、

腰を落としてドリブルをするように習慣づけましょう。

 

バスケットは高さの戦いではありますが、平面での戦いは重心が低い方が有利です。

 

ドリブルやドライブ時にできるだけ低い姿勢を維持することは

背の低いプレイヤーほど身につけておきたい技術です。

 

脱力してボールを扱う

 

3つ目のポイントは脱力です。

 

ボールを扱うときは手や腕は脱力させ、

できるだけボールと手が接地している時間を長くするようにします。

 

これがドリブルの基本になります。

 

ドリブルが苦手な人ほど腕に力が入っており、

ボールを柔らかく扱うことができていません。

 

「ボールは強く突け」とよく言いますが、

その前にまずはボールを柔らかく扱うことから始めるべきです。

 

ドリブルを強くつくことはもちろん大切なことですが、

これはドライブインを仕掛ける瞬間だけでよく、

普通にドリブルをしている時やドリブルムーブの時は

むしろ手を脱力させてボールをうまくコントロールできなければなりません。

 

強くつことを意識しすぎると

かえって腕に力が入りすぎてしまい、コントロールができなくなります。

 

ドリブルが上手くなりたいければ、まずは脱力の感覚を身につけましょう。

 

腕を脱力させる感覚がわかれば、

腕を鞭のようにしならせることで強くつくことも簡単になります。

(力より、スピードの方が大事です)

 

まずは腕をだらんとした状態で

かる〜く、やわらか〜くドリブルをする練習してみてください。

 

まとめ

 

ドリブルで重要なことは

 

  • 前を見る

 

  • 腰を落とす

 

  • 脱力する

 

の3つということでした。

 

ドリブルとは

効果的に点を取り、チームを勝利に導くために使うものです。

 

ドリブルはその手段でしかなく、

いくら複雑なムーブができたとしても

ショーとして見世物にはなるだけでチームの勝利には繋がりません。

 

シャムゴッドなどの高度な技術を使うよりも、

前を見て腰を落としてドリブルをすることの方が100倍重要なので

ぜひこの基本を常に意識しながら練習するようにしてみてください。

 

新しい記事の通知を
受け取る場合は
こちらをクリックして
購読してください